FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良の銘酒『篠峯』秋の利き酒会のご案内

日本酒って??どこで??どんなふうに??造られるのでしょうか??

081005_1056~01


お酒の造り方・人・場所・道具、そんなこんなを知る事で日本酒の美味しさが
広がります。
081005_1109~03


 お酒の種類も様々、造られて直ぐのフレッシュな新酒の美味しさもあれば、
じっくり熟成された古酒の美味しさもあります。

081005_1124~01


寒造りと言って真冬に造られた日本酒が夏を超えじっくり熟成され円みを帯びた
味わい、、、、そんなこんなを勉強してみます。(約50種類を利き酒)

■日時:平成22年10月10(日) 朝、9時30分~13時30分帰阪予定。
■目的地: 奈良県 葛城 千代酒造様   銘柄『篠峯』
■集合場所:9時20分・堺東 9時30分・堺駅 10時・三国ヶ丘 
それぞれバスにてお迎えにあがります。
■費用:お1人様 2000円 (お子様無料)
■定員:25名
  ※特製 篠峯利き酒グラス1個付き
お名前
ご住所
お電話
メール
人数            名


参加料¥2000を添えてお申込み下さい

詳しくは お酒の専門店 松仙 まで

matsusen@io.ocn.ne.jp
スポンサーサイト
日曜日、始発に電車に飛び乗ります。

将棋の駒の生産で有名な山形は天童まで行きます。

途中、東京の酒屋さんと合流。

12時過ぎに天童に着いたので、出羽桜酒造様の美術館に行きました。

数百年前の李朝の白磁器に息を飲み、近代作家のアートに感動します。

式は遠くから見ました。

2時30分、披露宴です。

花嫁さん、、、お綺麗でした。

100911_1541~02


素敵な披露宴であったかい♡気分に浸り後ろ髪引かれる

100911_1544~01


思いで天童を後にします。

途中、、帰りの電車に思います。

『山形正宗』やまがたまさむね、、、


この酒の美味しいには彼と彼を支える多くの仲間のあったかい手、、、

人の手によって造られるのだと。

私もこの仲間と共に育てて行きたいと思いました。


この秋も山形正宗の名刺代わりの酒、秋あがりが入荷しました。

嬉しいとあったかいがいっぱい詰まった素敵な銘酒をどうぞ。


『山形正宗 純米吟醸 秋あがり』はこちらhttp://www.jizakeyasan.com/SHOP/n023.html 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。